睾丸瘤 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 睾丸瘤

睾丸瘤は睾丸を覆っている体液によって満たされた嚢で、陰嚢の腫れを引き起こします。男の幼児の10人に1人は生まれつき睾丸瘤を持っていますが、ほとんどの睾丸瘤は治療をしなくても生まれてから最初の1年のうちに消えてしまいます。それに加えて、男性は陰嚢の炎症や怪我により睾丸瘤を引き起こすこともあります。通常は40歳以上の男性です。

睾丸瘤は痛くありません。一般的に、無害で、睾丸瘤は治療を必要としません。しかし、もしあなたに陰嚢の腫れがある時は、医師の診察を受けて、睾丸の癌や他の病気などが原因でないか調べてもらった方が良いでしょう。

移動性精巣 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 移動性精巣

 胎児の時、男性の精巣は腹部で発達します。妊娠最後の一ヶ月で、精巣は陰嚢へとこうかしていきます。しかしながら精巣は正常な場所にとどまらず、陰嚢と足の付け根を移動したりすることがあります。これが移動性精巣です。

 おおよそ男性の1%が移動性精巣です。多くの場合、移動性精巣は年齢を重ねると自然と直ります。移動性精巣を性機能の発達には影響がありませんが、不妊となる可能性が非常に高いといえます。移動性精巣はほかにも合併症を引き起こす可能性があり、睾丸癌のリスクが高くなります。このため、移動性精巣が自然に治らない人は外科手術によって、精巣を正しい位置に固定する必要があります。

精巣上体炎 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 精巣上体炎

精巣上体炎は睾丸の裏側にある小さなコイル状の管(精巣上体)の炎症症状です。症状として、陰嚢(ペニス下部に皮膚できた袋)の痛みと腫れを発症します。精巣上体炎のほとんどは19歳から35歳の男性に発症します。

精巣上体は睾丸と輸精管(精子を運ぶ管)をつないでいます。ほとんどの場合、炎症の原因は膀胱や膀胱から尿を排出する管(尿道)から広がった細菌による感染症です。

40歳以上の異性愛者、もしくは同性愛者にとって、細菌感染の原因のほとんどは尿路感染症が精巣上体に広がったためです。若い異性愛者にとって、その原因のほとんどが性感染症です。よって、精巣上体炎を防ぐもっとも有効な方法は、性感染症になるような行動をしないことでしょう。

精巣炎 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 精巣炎

あなたが成人男性ならば、おたふく風邪をひくことは生殖能力に影響を与えると言うことを聞いたことがあるかもしれません。片方か両方の睾丸の感染であるウィルス性精巣炎はおたふく風邪を引き起こすウィルスに関係していると言われているためです。思春期の後におたふく風邪をひくと、男性三分の一は精巣炎になります。

幸いなことに、おたふく風邪が原因の精巣炎が不妊と関係あるということは稀です。アメリカ合衆国などおたふく風邪のワクチンが広がっている国では、そもそもおたふく風邪になる危険性は低いのです。

精巣炎を引き起こす他の原因は、性感染症を含むバクテリアです。精巣炎を防ぐ最善の方法はおたふく風邪を防ぎ、性感染症を引き起こす行動を避けることです。

精液瘤 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 精液瘤

精液瘤とは副睾丸に発生する嚢胞です。副睾丸は睾丸の上部に位置し、小さいコイル管のような形をしています。精液を収集したり運搬したりする働きがあります。一般的には痛みも泣く、非がん性です。精液瘤は死亡した精子を含んだミルク状の、あるいは透明な液体が蓄積しています。

精液瘤の大きさは直径2センチから3センチほどであるのが通常ですが、それよりも大きな場合もあります。

通常の状態では、精液瘤によって生殖能力が阻害されることもありませんし、大きくなって不快感を生じさせない限りは治療をする必要もありません。もし不快感が生じるようであれば、医師の判断によって手術によって精液瘤を取り除くこともできます。

精索静脈瘤 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 精索静脈瘤

 精索静脈瘤は陰嚢の中の静脈が拡大し、伸びきった皮膚が精巣の中でとどまります。精索静脈瘤は足にできる静脈瘤と類似しています。
 精索静脈瘤は男性の5人に1人の確率で発症します。不妊症男性の場合は特に発症しやすく、40%の確率に跳ね上がります。精索静脈瘤は精子の生成を減少させ、精子の質が低下させます。
 たいていの場合、精索静脈瘤は長期にわたります。精索静脈瘤は、左の睾丸の静脈にできるため、通常、左の睾丸で発症します。しかし、精索静脈瘤は生成された精液を通じてもう一方の睾丸でも発症することがあります。精索静脈瘤は兆候がわかりやすいため、早期の診断が可能であり、手術により改善することが可能です。

逆行性射精 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 逆行性射精

 逆行性射精は、射精をするときに精液がペニスから対外に排出されずに、膀胱へと入ってしまうことです。セックスによって絶頂を感じることはできますが、精液の排出がわずかであるか、まったくでないという場合があります。逆行性射精は害がありませんが、不妊の原因となることがあります。

 逆行性射精は薬害である可能性、健康状態、膀胱を開かせる筋肉や神経をコントロールするための手術などが原因である場合があります。逆行性射精の原因が薬によるものである場合は、その薬をすぐにやめる必要があります。健康問題が原因である場合や手術による場合、薬による治療によって正常な射精が可能になります。

陰嚢内腫瘤 「概要」

10月 24, 2014 by index  
Filed under 陰嚢内腫瘤

 陰嚢内腫瘤は、睾丸の中や周りにできた液体が詰まった瘤のことです。陰嚢内腫瘤はそれほど深刻なものではありませんが、陰嚢内腫瘤は時に癌の進行を示すサインかもしれません。
 睾丸は二つの重要な役割を果たします。第一に、精子細胞をつくりだすことで、もうひとつは、男性の体の発育に重要な男性ホルモンを分泌することです。睾丸は腹部よりも低い温度を保つため、体のそとの陰嚢の中にあります。精子を作るには温度が高すぎてはいけないためです。
 このように睾丸は比較的、怪我をしやすい場所にあるため、陰嚢内腫瘤
を引き起こしやすいといえます。
 陰嚢内腫瘤は全年齢層でおこる可能性があります。睾丸の中や周りに瘤や腫れがあった場合はすぐに医師に相談しましょう。陰嚢内腫瘤の治療はその症状によります。

« 前ページへ