バルトリン腺嚢腫 「セルフケア」

11月 26, 2014 by serufukea  
Filed under バルトリン腺嚢腫

1日数回、温水による入浴を行うことによってバルトリン腺嚢腫や膿瘍は小さくなるでしょう。
外科的な施術を施した後は、シッツバスは特に重要です。シッツバスは膣を清潔に保ち、不快感を取り除き、ドレナージの効果を促進させます。鎮痛剤も効果的です。もし、カテーテルが挿入されている場合でも、状態に応じてセックスを含む活動を再開してもよいでしょう。

バルトリン腺嚢腫 「予防法」

11月 26, 2014 by yoboho  
Filed under バルトリン腺嚢腫

バルトリン腺嚢腫の予防に効果的な方法はありません。しかし、安全なセックス、つまりコンドームを使い、良好な衛生状態を保つことによって、嚢腫の感染や膿瘍の発生を予防することができます。同様に、嚢腫を見つけた場合、シッツバスを行って即座に治療を行うことによって、膿瘍の発生を予防することができるでしょう。

バルトリン腺嚢腫 「治療法」

11月 26, 2014 by chiryoho  
Filed under バルトリン腺嚢腫

バルトリン腺嚢腫の治療は嚢腫の大きさ、不快感の程度、感染の有無、膿瘍に進行しているかどうかによって異なります。以下が、医師が薦める治療法です。

シッツバス(腰湯座浴)
バスタブに腰の高さ程の温水をいれて入浴します。1日数回のシッツバスを3、4日行うことによって、小さな嚢腫は自然と小さくなります。

切開、ドレナージ(排液)
感染していたり大きくなってしまった嚢腫の場合、一般的には医師による切開・ドレナージ(排液)が必要となります。切開は部分麻酔の下で医師によって行われますが、場合によっては鎮静下で行われることもあります。処置を行うために、医師は嚢腫に排液用の小さな切込みを入れます。そして、切り込みに小さなゴム製のチューブ(カテーテル)を挿入します。カテーテルは切り込みが閉じてしまわない様に、また完全に排液を行うために4から6週間挿入します。

抗生物質による治療
嚢腫が感染している場合、また性交渉による感染が明らかとなった場合、感染を引きおこすバクテリアを駆除するために抗生物質による治療を行うことがあります。ただ、膿瘍のドレナージが適切に行われた場合は、抗生物質による治療は必要なくなる場合があります。

造袋術
嚢腫が再発した場合、医師は造袋術と呼ばれる施術を行うことがあります。造袋術は再発防止に特に有効です。ドレナージと似た処置を行いますが、異なる点は切り込みの両側に5ミリ長程の開口部を作ることです。医師はカテーテルを挿入した後、再発を防止するために2、3日そのままにしておきます。クリニック・診療所など小規模な医療機関でも施術は可能ですが、嚢腫の大きさや合併症の状態などによっては、病院など中規模以上の医療機関の手術室にて鎮痛下で行われる場合もあります。
嚢腫が感染している場合には、造袋術を行うべきではありません。医師はまず膿瘍を排液し、感染を取り除いた後に造袋術を行います。

再発が収まらず、上記の治療法に効果が見られなかった場合は、医師はバルトリン腺の摘出を薦める事があります。ただ、それほど多く起こるケースではありません。摘出手術は病院など中規模以上の医療機関の手術室にて鎮痛下で行われます。

バルトリン腺嚢腫 「合併症」

11月 26, 2014 by gappeisho  
Filed under バルトリン腺嚢腫

バルトリン腺嚢腫やバルトリン腺膿瘍は再発することがありますが、それほど頻繁に起こるわけではありません。適切に治療を行えば、再発した場合であっても腫れ、痛み、感染は治まります。

バルトリン腺嚢腫 「スクリーニングと診断」

11月 26, 2014 by sukuriningu  
Filed under バルトリン腺嚢腫

症候と骨盤の検査によって、ほとんどの場合は診断が可能です。性交渉による感染の検査のために頸部組織をサンプルとして採取する場合もあり、感染が見つかった場合は抗生物質による治療も必要となってきます。
もし更年期以降、あるいは40代以降の女性の場合、がんの可能性を確かめるために、医師によってはしこりの生検を行う可能性もあります。がんが疑われる場合、がん専門の産科・婦人科の専門家の診察を受ける必要があります。

バルトリン腺嚢腫 「診察を受けるタイミング」

11月 26, 2014 by taimingu  
Filed under バルトリン腺嚢腫

膣口付近のしこりに痛みを感じ、2,3日セルフケアを行っても症状が感染しない場合は医師の診察を受けるとよいでしょう。特に痛みがひどい場合、すぐにでも診察を受けましょう。
40代以上の女性で膣口付近のしこりを見つけた場合も、早く診察を受けましょう。滅多に起こらないケースですが、そのようなしこりががん等のさらに深刻な疾病のサインとなっている場合があるためです。

バルトリン腺嚢腫 「原因」

11月 26, 2014 by genin  
Filed under バルトリン腺嚢腫

バルトリン腺嚢腫の原因は、性器の皮膚が成長することによって排泄管開口部がふさがり、液体が排泄管内にたまることが原因と言われています。

嚢腫は膿を形成し、感染することがあります。大腸菌などの一般的なバクテリアや、クラミジアのような性行為によって感染するバクテリアが原因となり、感染が引き起こされる場合があります。

バルトリン腺嚢腫 「症候」

11月 26, 2014 by shoko  
Filed under バルトリン腺嚢腫

嚢腫がまだ小さい場合や感染が起こっていない場合は、自覚症状はほとんどありません。嚢腫が成長すると、膣口付近にしこりや塊があるのを感じるようになります。嚢腫はほとんどの場合、痛みを伴いませんが、押すと痛みを感じることもあります。

嚢腫が感染している場合、以下のような症候が現れます

  • 膣口付近の圧痛や痛みを伴うしこり
  • 歩行時や坐時の不快感
  • 性行為時の痛み

バルトリン腺嚢腫 「概要」

11月 26, 2014 by index  
Filed under バルトリン腺嚢腫

膣口の両側にあり、膣を潤滑させる液体を分泌する腺をバルトリン腺といいます。そのバルトリン腺の排泄管開口部がふさがり、液体が排泄管内にたまってしまった状態をバルトリン腺嚢腫といいます。時に、液体がた小さな膿を形成し、感染症を引き起こす場合もあります。
感染症の症候として膣口部付近の赤み、熱、痛み、圧痛(押すと感じる痛み)などがあります。
バルトリン腺嚢腫やバルトリン腺膿瘍はそれほどよく見られる症状ではありませんが、20代の女性に最も多く見られます。

バルトリン腺嚢腫の治療は、嚢腫の大きさや痛みの程度、感染症の有無によって異なります。温水に浸すことで、嚢腫や膿瘍が自然と抽出されることもあります。場合によっては、外科的な手術によってドレナージ(排液)させる必要があるかもしれません。また、感染している場合は、医師の診断によって抗生物質による治療を行う必要もあります。